透明感のある肌になりたい!

■透き通るような魅力的なお肌
「透明感のある透き通ったお肌」ってよく雑誌にも載ってますが、もっと具体的にどういったお肌のことでしょうか? よく言われる透明感のある肌は、大きく2つあります。ひとつは、「シミやくすみのない真っ白でキレイな肌」のこと。もう一つのは、「キメが細かく、健康的なキラキラした若々しいお肌のこと」です。 スキンケア業界では、後者の「キメが細かく、健康的なキラキラした若々しいお肌のこと」の方が多いようです。
「シミやくすみのない真っ白でキレイな肌」は、透明感のある肌というより、美白に近いですよね。いずれにせよ、正しいスキンケアをこころがけることが大事です。では、正しいスキンケアとは??

透明感のある肌になるための方法

■やっぱり保湿力が大事!
透明感のある肌になるには、まず肌の生まれ変わりのサイクルを正常にしてあげることです。肌は、基本28日周期で生まれ変わって新しい肌がどんどん作られてきますが、歳を重ねるごとにその力も弱まります。よくあるのが、クレンジングや洗顔で必要以上に肌をこすっていること。洗顔は顔に優しくが基本!顔の肌は特に敏感なので、こするとすぐにダメージを受けて、それを修復しようと不完全な状態に肌になってしまいます。なので、日頃の洗顔を優しくしてあげるのがまず1つのポイント。
次に、大事なのが保湿!保湿力があると肌のキメがふっくらし、立体感が出てきます。これが透明感のある肌、いわゆるツヤ肌という状態で、とっても若々しいキランとした素敵な肌になります。
もちろん、保湿力を高めるのに1番いいのはセラミド配合の保湿化粧品ということになります。

年代別で選ぶセラミド化粧品